まるごとにっぽん12月オープニングスペシャルイベント3

sponsored link

12月17日(木)
グランドオープンした
まるごとにっぽん

浅草浅草寺から
すぐそばにあります♪

今回はまるごとにっぽん
12月のイベントパート3を
ご紹介します。

激陶者集団へうげ十作展 「ニッポニア・ニッポン」



激陶者集団へうげ十作展1

日時
12月25日(金)~1月7日(木)
10:00-20:00



場所
3F みんなでたいけんコーナー



講談社の週刊漫画雑誌
『モーニング』で
連載中の『へうげもの』
ご存知でしょうか。

へうげもの(1)山田芳裕


「へうげもの」は
「ひょうげもの Hyogemono」と
読むそうですが、

『へうげもの』
『デカスロン』や
『ジャイアント』などの
作品で知られている

漫画家山田芳裕(よしひろ)さんの
漫画で、アニメ化もされている
有名な作品だそうです。


私は残念ながら
知らなかったので

私と同じく
知らなかった方のために
山田芳裕さんの作品
『へうげもの』について
少しご紹介したいと思います。


『へうげもの』

戦国時代、織田信長と
豊臣秀吉に仕えた

戦国武将
古田織部(ふるたおりべ)を

主人公として描いた
歴史漫画作品だそうです。


古田重然(ふるたしげなり)が
本名ですが、

茶人古田織部として
知られているようです。


この『へうげもの』
茶道、茶器、美術、建築と
いった戦国時代に開花した
「美」や「数奇」に
焦点をあてた歴史漫画で


古田織部

「茶聖」と呼ばれた
千利休の弟子で

千利休の継承者だったんですね。

勉強になりました(笑)。


ちなみに
「へうげもの」の
「へうげる(ひょうげる)」は
「ふざける」「おどける」
という意味だそうです。

へうげもののfacebook


ということで
グランドオープンしたばかりの
浅草のまるごとにっぽんでは

山田芳裕さんの作品『へうげもの』
スピンオフ企画

今回の
激陶者集団へうげ十作展
「ニッポニア・ニッポン」

生まれたわけです。


『へうげもの』の主人公
古田織部のDNAを受け継ぐ
激陶者集団へうげ十作たちが

浅草のまるごとにっぽん
やってきて

古くて新しい「にっぽん」を
盛り上げてくれるそうですよ。


茶の湯・和酒・雅楽などの
さまざまなイベントと

激陶者集団へうげ十作たちの
作品展示を

2週間連日満喫できます。


気に入った作品があれば
今年頑張った自分へのご褒美に
したり、大切な人への特別な
贈り物というのも
いいですよね~♪





sponsored link


激陶者集団へうげ十作展 「ニッポニア・ニッポン」
ワークショップイベント12月25日~31日

激陶者集団へうげ十作展



12月25日(金)から12月31日(木)までの
ワークショップイベントは以下の通りです。

12月25日(金)

クリスマスには2つイベントが
用意されています♪

『へうげもの』に影響されて
陶芸を始めたという
プロトランペッターBUCCIのライブ

ちなみにBUCCIさんは
「へうげ十作」見習い
だそうです。

BUCCIさんのfacebook


そして

伝統の備前焼に新たな風を
吹き込む地元作家ユニット

BIZEN BOYZ/備前BOYSによる

自作の抹茶碗・道具を用いての
呈茶のおもてなし。


12月26日(土)~12月27日(日)

クリスマスに引き続き
BIZEN BOYZ/備前BOYSによる呈茶の
おもてなしを
お楽しみいただけます。

BIZEN BOYZ/備前BOYS
伝統に新しいものを
加えた備前焼の数々も
じっくり見ていってくださいね♪


12月28日(月)~12月29日(火)

「給湯室でお茶会をしよう!」を
スローガンに始まった
現代茶道ムーブメント

給湯流によるお茶会、狂言、雅楽(調整中)


茶道が確立した戦国時代の
茶会の主な参加者は
サムライ、

そして
現代のサムライは
誰かというと

サラリーマンとOL。

ですからサラリーマンと
OLの茶室、給湯室で
お茶会をという趣旨だそうです。

おもしろそうだと
思いませんか?

給湯流茶道


12月30日(火)

へうげ筆頭茶頭の
松村宗亮さんによる呈茶
(お買い上げの方が対象)

裏千家茶道の茶人
松村宗亮さんは

SHUHALLYの代表で

SHUHALLY
その名のごとく
「守破離」をテーマに

千利休の茶道の
基本を守り、創意工夫をし、
そして独自のスタイルを
確立する、ということを
めざして

茶道教室や貸茶席などを
やっているそうですね。

SHUHALLY


そして
給湯流による茶会・狂言・雅楽も
あるようです(調整中)


12月31日(木)

今年最後のイベント
大晦日には

日本酒と作家の器の魅力を
各地で伝える酒数寄者
佐々木達郎さんの
日本酒ワークショップが
行われます。

有料ではありますが
日本酒試飲もありますよ。


そして

給湯流による茶会・狂言・雅楽も
あるようです(調整中)。


この激陶者集団へうげ十作展
「ニッポニア・ニッポン」

イベントでは

山田芳裕さんの『へうげもの』
最新刊21服も入手できるそうです。
激陶者集団へうげ十作展 「ニッポニア・ニッポン」
ちなみに今年は

古田織部没後400年だそうです。

まるごとにっぽん
スペシャルイベント
是非行って見てくださいね ^^





sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ