東京楽天地浅草ビル「まるごとにっぽん」で楽しめること 1

sponsored link

東京楽天地浅草再開発
プロジェクトの

東京楽天地浅草ビル
まるごとにっぽん

2015年12月中旬オープン
が決定しましたね。



今回は

東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」

行くと

何が楽しめるのか

簡単にご紹介したいと思います♪

まるごとにっぽん

日本全国そして世界からの
訪問者・旅行者があふれる浅草ですが

浅草にある浅草寺のそばに

東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」が

建設中です。



東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」では

訪れた人々が

日本の知られざるもの

知られざること

知られざる風土

といった

全国各地の
地域資源
(いわゆる隠れた宝ですね)を


「まるごとにっぽん」の
空間全体でまるごと体感、
体験できる

新たな日本の魅力を
発見できる場所を
提供しようと

着々と準備が
進められているようです。



「まるごとにっぽん」は

東京楽天地浅草ビルの
1階から4階の
スペースを使って
展開されるわけですが


ではそれぞれの階では
何ができるのか
順番に見ていきたいと
思います♪


「まるごとにっぽん」の
4フロアでは

にっぽんの暮らしを
4つのコンセプトに分けて


それぞれのフロアで
紹介しているんですね。


まずは
東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」
1階から見ていきましょう♪





sponsored link

「まるごとにっぽん」の
1階のテーマは

「にっぽんの食」です。


食がすべてと言っても
いいくらい、食、食べ物、
食品って大切ですよね。

別にお腹がすいてるから
言ってるわけではありません(笑)。


「まるごとにっぽん」の1階には

日本一の食の集積
食品館「蔵 くら 」がオープンします。


日本一の食の集積
食品館「蔵 くら 」は

専門バイヤーのセレクト商品、

生産者から直接仕入れた商品など

生鮮食料品の数々に

地方色豊かな食品が手に入る
フロアを提供します。

まるごとにっぽん1

これまで現地でしか
手に入らなかった
隠れた逸品や、

「まるごとにっぽん」でしか
お目にかかれない優れものも

数多く取り揃えた

日本一の食の集積
食品館「蔵 くら 」が

東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」の
1階で

訪れる人々を楽しませてくれ
圧倒させてくれるようですね。

食にこだわりのある方

地方の優れものを
探している方などには

うれしいですよね♪



では「まるごとにっぽん」の
2階に上がっていきましょう。

「まるごとにっぽん」2階の
テーマは

「にっぽんの叡智」です。

「にっぽんのすぐれた知恵」と
いうことですね。

すぐれた知恵というと

思いつくには

暮らしの道具ですよね。

日本の伝統技術や風土が
感じられる

その土地での長年の経験に
基づく蓄積された

「暮らしの知恵」が
つまった地方発の生活用品を

発見して手に入れることが
できるようですね。


またものづくりの背景を
伝える「にっぽんのクラフト街」という
スペースもできるそうですね。

まるごとにっぽん2

「にっぽんのクラフト街」って
「暮らしの知恵」をつくるところを
見たり、想像したりできるような
スペースなんでしょうか。

「まるごとにっぽん」2階
「にっぽんの叡智」のフロアで
こだわりの自分のモノさがしも
できそうですね。


今回は浅草の
東京楽天地浅草ビル
「まるごとにっぽん」の
1階と2階についてご紹介しました。



最後までご覧いただき
ありがとうございました。

また次回の記事もお楽しみに♪

sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ